レバウルフは二日酔いに効く
暑くなってくると、ビールなどのお酒を飲む機会が増えてくるのではないでしょうか。

暑いなか、仕事を頑張ったあとに飲むお酒はいつもより美味しく感じ、ついつい飲みすぎてしまいがちになります。
また、仕事の付き合いなどで飲むこともあるでしょう。

しかし、そうなると気になるのが次の日、二日酔いにならないかどうか?
次の日が休日だったらいいかもしれませんが、仕事になると頭痛の収まらぬ二日酔いのまま、仕事どころではありません。

そんなときに頼りになるのが、二日酔いに効果があるレバウルフ!
実際に効いたという口コミが多く、値段もそこまで高くありません。
ただ、本当に効果があるのか?分からないですよね。

この記事では、レバウルフに効果はあるのか?副作用の心配はないか?効果的な飲み方とは?についてご紹介します。

 

レバウルフは頭痛や二日酔いに効果がある?

レバウルは頭痛や二日酔いに効果がある
レバウルフは指定医薬部外品ですが、二日酔いを抑える効果があります。
しかし、気をつけてほしいのが、アルコールの耐性が人によって違うようにレバウルフの効果も個人差があります。
最初から効果がある人と、続けて飲んでいないと効果を感じられなかったという人もいます。

レバウルフを1度でも使ったことがある方は、二日酔いになりづらくなった、頭痛が以前よりは楽になったと効果が出ています。
では、なぜ効果があるのか?

レバウルフには二日酔いに効く成分が多く含まれているからであり、それも天然成分でできているからです。
主にウルソ・ウコン・人参・生姜・センブリを濃縮して入れており、ウコンに至っては1710gも含まれています。

レバウウルフに含まれている成分で、最も効果がある二つの成分を紹介します。

 

ウルソとは?

正式名称はウルソデオキシコール酸といって、中国から運ばれていたと考えられており日本では奈良時代から使われていたものです。
ウルソデオキシコール酸は熊胆というクマの胆のうを乾燥させて作った動物性生薬「熊の胆」が始まりとされています。
日本人が発見して錠剤化までもっていったそうですね。

「じゃあ、レバウルフじゃなくて熊の胆でもいいんじゃないの?」と言われそうですが・・・
熊の胆は1gで10,000円ほどする高価なものでレバウルフの方がはるかにお得です。

そんな漢方薬としても人気の高い「熊の胆」の主要成分のウルソデオキシコール酸を濃縮して多く配合しているのがレバウルフです。

ウルソデオキシコール酸は肝機能に対して効果が高く、病気にも効くことがわかっています。
主な効果は胆汁の分泌を促進して肝機能を高めてくれたり、肝細胞を保護する効果があったりするなど非常にいいものです。
また、消化器全般の促進にも役立ってくれるので消化不良の改善や胃もたれなどにも効果があり、まさに二日酔い対策の救世主と言ってもいいでしょう。

このように、効果が高いウルソが多く含まれていますので、レバウルフには大きな効果があるといえます。

 

ウコンとは?

ウコンはショウガ科の根っこの部分を使ったもので、クルクミンなどが含まれており中国や沖縄で昔から愛用されているものです。
また、身近なものでターメリックがあります。

そんなウコンは胆汁の分泌を促進し肝臓の機能を活性化してくれたり胃液などの分泌を促進してくれます。
肝臓自体を助けるというよりは、肝機能を高めることにより二日酔いを予防するといったところであり、直接二日酔いに効くわけではなく万能ではありません。
また、取り過ぎはよくないとされていますので注意しましょう。

そうなると、「あんまりウコンをとっても効果がないのでは?」と感じるかもしれません。
ただ、飲むことによって二日酔いにならなかった、もしくはかなり楽になったという方もいるので、愛用者がいるのではないでしょうか。

市販品もいいかもしれませんが、レバウルフのほうが相乗効果を期待でき、安価なのでおススメです。

 

レバウルフは副作用がある?

指定医薬部外品となると気になってくるのは、「副作用があるのではないか?」ということです。
良い商品だとしても副作用があるのでは安心して使えません。

そんな気になるレバウルフですが、副作用は出ておらず利用者の方は安全に使えています。
それは、成分がウコンやニンジンなどの私たちに馴染み深いものなのであまり抵抗がないのだと思われます。

もちろん推奨されている量を超えて飲んでしまうと、肝機能が働き過ぎて体調不良になってしまうかもしれませんが、飲み方を間違えなければ大丈夫です。

ただし、妊娠中や授乳期の方はあまりレバウルフを飲まないようにしましょう。
メーカーも推奨しているので注意してください。

もし、服用して赤ちゃんに影響が出てしまったら必ず後悔することになります。
ただ、妊娠中にお酒を飲む方はほとんどいないと思いますので、大丈夫かと思いますが気をつけるようにしましょう。

 

レバウルフは魔法のサプリではない?!

レバウルフは魔法のサプリではない
レバウルフは飲んだからと言って、必ず二日酔いがなくなる魔法のサプリではありません。
大量のお酒を飲んでしまった後は、二日酔いになることがあります。

「レバウルフを服用したから大丈夫だ!」
といった過信から、ついつい飲み過ぎてしまい、急性アルコール中毒などになってしまわないよう注意が必要です。

「じゃあ、推奨量より飲めばいいのでは?」
と思うかもしれませんが、飲み過ぎると肝機能が高まりすぎて体調不良になってしまうかもしれません。

そのため、頭痛などの二日酔いにならないためにも、自分の飲める限度はちゃんと把握してレバウルフを服用するようにしましょう。

 

レバウルフの効果的な飲み方とは?


レバウルフの効果的な飲み方は、お酒を飲んだすぐあとに一包、朝起きたあとに一包となっています。
お酒を飲んだら忘れてしまいそうですが、いつでも飲めるようにポケットに入れたり、誰かに催促してもらって飲み忘れがないようにしましょう。

また、飲む前にレバウルフを飲んで効果がある人もいれば、飲んでいる最中でも効果が出ている方もいるので自分に合った飲み方が見つけましょう!
飲み物タイプのウコンは辛味と苦味があり、とても刺激が強く感じますが、レバウルフは錠剤なので安心です。

キャンペーン価格を利用すると、1回あたりたった141円しかかからないので、生ビール1杯飲むより、断然安いですよね!

 

レバウルフは二日酔いの救世主!

金沢大学名誉教授の太田富久様も「成分を聞いたとき、二日酔いに効果がある」と感じたレバウルフ!

毎月先着500名のWeb限定65%OFFキャンペーン実施中。
まずは、キャンペーン価格でお試しされてはいかがでしょうか?

check!二日酔いに飲んで効く指定医薬部外品【レバウルフ】

 

まとめ

楽しいお酒の手助け
二日酔いになってしまうと、頭痛や体のだるさで何もする気が起こりませんよね。
仕事の効率も低下します。

二日酔いが気になる方は、レバウルフを飲むことで改善されることが多くあります。
熊の胆も良いですが、値段が高すぎるのでおススメできません。

レバウルフですと二日酔いに効く成分が多く含まれており、1回あたりたった141円なので、かなり安くなっております。

今まで市販のものを使っても効果がなかった方は、ぜひ試してみてはいかがでしょうか?
明日のことを考えるお酒は美味しくないので、楽しいお酒が飲める手助けになればと思います。

おすすめの記事